自立支援医療

自立支援医療とは、指定の病院・薬局(各1か所ずつ)で通常3割自己負担の医療費を1割負担に軽減してくれる国の制度です。

世帯所得により月の自己負担額に上限があり、それを超える医療費は支払う必要がありません。

指定自立支援医療機関の病院で、鬱病や双極性障害・統合失調症等の診断が付いている場合で、かつ精神科医療を長期継続する必要があると主治医に判断された場合に申請することができます。

主治医に申請用紙に記入してもらう必要があるので、該当するかわからない方は、まずは主治医に相談してみることをおすすめします。

自ら動かないと利用できない制度

診察代も薬代も2割の差は本当に大きいです。

せっかく使える国の制度にも関わらず、病院や薬局から打診してくれることは少ないのが現状です。残念ながら、自身で調べて存在を知ったという方が多い制度です。

私も働けず医療費がかさむ中、もっと早く知りたかった制度のひとつです。

双極性障害はこの制度が適応されます。まだ利用していない方はぜひ、早めに主治医に相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

傷病手当金