精神障害者保健福祉手帳

障害者手帳のひとつで、様々な支援が受けることができます。

持つこと・持たないことでそれぞれメリット・デメリットがあるのでよく調べた上で主治医に相談することをお勧めします。

メリットやデメリットはそれらをまとめた記事がいくつもネット上に載っていますので、参考にしてみてください。

申請には役所からもらった申請用紙に、医師の診断書がいります。

この手帳を持つことで、障害者雇用枠で採用され働いたり、税金や公共料金・タクシーや公共交通機関の優遇等を受けることができます。受けられるサービスは地域により異なるため、詳しくは区のホームページ等で調べることをおすすめします。

鬱病や双極性障害・統合失調症などすべての精神疾患が対象となります。

私はデメリットよりもメリットの方が大きかったので、主治医に相談し、申請・取得しました。 普段の生活では、交通機関や施設の障害者割引等で利用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自立支援医療

次の記事

障害者年金