快適な睡眠を送るためのサプリや食事(脱・睡眠薬)

「妊娠時妊婦が不眠症だと流産の可能性が非常に高まる」と聞き、“減薬”と同時に“脱・睡眠薬”をするために、サプリや食生活等で快適な睡眠を手に入れる方法を調べ、実践しました。

そして現在、睡眠薬を卒業することができましたので、私が睡眠のために摂取しているサプリや食事を、効果等含めてお伝えしたいと思います。

余談ですが参考までに、睡眠薬には依存性が高いものも多いため、今後妊娠を考えている女性は治療薬の選択を医師に相談することをおすすめします。私の主治医は上記の理由から、マイスリー・ベルソムラ・ルネスタのいずれかのみ、処方いただきました。

“脱・睡眠薬”のために私が実践したサプリ&食事

【メラトニン】

メラトニンは、睡眠に欠かせない成分です。

これを摂取することで睡眠の質が上がります。

サプリで摂れると知りませんでしたが、服用後、中途覚醒がなくなり睡眠の質が上がりました。

【アシュワガンダ】

痛みの緩和・滋養強壮・ストレス緩和・免疫力強化・抗炎症作用などがあるマルチなハーブです。

睡眠に欠かせない、メラトニン生成を助ける働きもあります。

私はこの病気になって極端に体力が落ちてしまったため、滋養強壮の意味でも服用しています。

【ナイアシン】

ナイアシンはビタミンB3です。

睡眠のために欠かせないセロトニンやメラトニンの生成に非常に大切な物質です。

服用してから中途覚醒が少なくなりました。また、花粉症などの症状も和らげてくれますので、重度の花粉症の私は非常に重宝しているサプリです。

※ナイアシンはナイアシンフラッシュという副反応が出る場合があるため、様子を見つつ、少量から試すことを推奨します。体中、じんましんの様なヒリヒリとした痛みと痒みが1時間程度続きます。人によっては呼吸困難や腹痛等も出現する場合がありますが、多量に摂取しない限り問題ありません。

【プロテイン】

睡眠30分前に摂ると睡眠の質が上がるとのことで、毎日摂取しています。

オーソモレキュラーを100%信じるわけではありませんが、海外の論文等でもプロテイン(タンパク質)摂取は睡眠や体作りに良いとのことで積極的に摂る様にしています。

【キュウイフルーツ】

海外の論文で、寝る30分前に食べると睡眠の質が上がると記載されています。

私はPMSのときなど、睡眠に不安があるときに食べるようにしています。

【炭水化物摂取】

夜ご飯時に炭水化物(できれば米)を摂ることで睡眠の質が上がります。

オーソモレキュラーで脱炭水化物をしていた時に比べて、疲れにくくなりました。

食べる日と食べない日とを比べると、炭水化物をしっかり摂った日の方が睡眠の質は高いです。

さいごに

一度に全てを試すのではなく、自分のできそうなものから少しづつ試してみることをおすすめします。

睡眠薬で強制的に眠るのと、睡眠薬なしで自然に眠るのとでは、睡眠の質が全く異なることを実感している日々です。

自身に適した睡眠時間を見つけ、できるだけ規則正しい生活を送ることも、睡眠の質を向上するためには重要です。

みなさまの睡眠や体質改善の参考になりましたら幸いです 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です