双極性障害について

「夜眠らなくても活発」「多弁になる」「頭の回転が速くなり、色々な考えがどんどん浮かぶ」「気が大きくなる」「落着きがなくなる」「散財する」「性逸脱行動をする」「頭の回転が遅くなり落ち込む」「自己否定する」「不眠や過眠になる」「ベッドから抜け出せず、トイレに行くのもおっくうになる」「イライラする」「体重の増減が顕著」…

これらの症状は全て、双極性障害の症状の一部です。

この記事では、具体的に双極性障害とはどのような疾患であるか、鬱病等他の精神疾患との違いや合併症なども含めて述べていきたいと思います。

双極性障害とは

躁と鬱が交互に繰り返し現れる病気

双極性障害は、簡単に言うと、躁状態と鬱状態が交互に行ったり来たりする病気です。

他の精神疾患と併発する場合も多いです。

躁状態の期間と鬱状態のそれぞれの割合や期間は一定ではなく、人によってまちまちです。

多くの場合は鬱状態が長く、躁状態は短く現れます。また、躁状態と鬱状態が同時に出現する場合もあります。

鬱病とは全く異なる病気で、治療方法も異なります。

詳しくは後述しますが、診断が難しく、再発しやすいため、長期に渡って付き合っていく疾患です。

また、発症に男女差はなく、20~30代でストレスなどを感じている人に発症しやすい疾患です。

躁状態の症状

躁状態とは、一言で言うと無双状態のことです。何でも出来る気がするし、やる気も体力も有り余っている状態です。

社交的になり、活発的になります。頭の回転も速いので、躁状態を(鬱がなく)調子がいい状態と勘違いすることで、躁の兆候を見逃してしまい、鬱病と診断されることも多いです。睡眠もほとんど必要としません。

また、攻撃的になったり、金額の大きい買い物を衝動的にしてしまう、決まった異性以外と性的関係を持ってしまうこともあります。

鬱状態の症状

エネルギーを無くし、常にネガティブシンキングモードに入っている状態です。

症状が酷い場合はトイレに行くためにベッドから抜け出すのもつらく、廃人状態になります。

消えて居なくなってしまいたいという気持ちに占領されたり、自殺を考えることもあります。

また、一般的には冬に鬱状態が多くなると言われています。

躁状態と鬱状態の混合状態

双極性障害の患者は、躁状態と鬱状態が同時に出現しているときが最も危険であると言われています。

それは、行動力がある躁状態で自殺したいという鬱の気持ちが同時に高まる可能性が高いからです。

このような状態の際は、周囲の人は殊に注意する必要があります。

1型と2型の違い

一言で言うと、社会生活にも影響を及ぼすほどの躁状態が出る場合を1型、躁状態が軽い場合2型と分類しています。

DSMでは“①躁状態が少なくとも7日間続く場合は1型、4日間続く場合は2型とする。②2型の軽い躁状態では、社会生活の機能はあまりそこなわれないですむ。しかし1型の躁状態は、社会生活の機能を必ず障害し、問題になっていく。入院を必要としたら1型と考える。”とあります。

1型は躁状態を繰り返すうち、人間関係に問題が生じ、仕事を失う等社会生活を送ることが困難になります。

2型の人は社会生活に影響が出ることはほとんどありません。

双極性障害と鬱病の違い

治療方法の違い 治療方法の違い

まず、大きな違いは治療方法が全く異なる点です。

投薬する薬剤もそれぞれの疾患によって異なりますので、診断を間違えるということは本来の疾患に対して効果的な薬剤を処方してもらうことができません。

適切な治療を行わないと、病状が悪化し慢性化する可能性があります。

症状の違い

症状の違いは非常に難しく、躁状態が分かりずらく鬱状態が強いと鬱病と間違えられることが多いのが実状です。

しかし、躁状態は鬱病にはなく、双極性障害でしか出ない症状のため、その信号に気づいてあげることがより適切な治療を受ける上で重要です。

実際、双極性障害の症状が本人にとっては心地が良い状態であることが多く、診断には周囲のサポートも重要になってきます。

罹患状態の違い

双極性障害は鬱病に比べ罹患率が約1/10と低く、また、鬱病は30~40代に発病しやすいのに対して20~30代で発病しやすい疾患です。

鬱病に比べて遺伝的な要素も高いとも言われています。

再発率も鬱病に比べ高く、慢性化しやすい疾患です。

気分循環障害と双極スペクトラムとは

気分循環障害

気分循環障害とは、双極性障害の軽度な状態を言います。

軽い躁状態と軽い鬱状態を繰り返す疾患で、「気分屋さん」「情緒不安定な人」と本人の気質・性格の一つとして認識されることも多いです。

気分循環障害の人は、そのまま放置し症状が悪化すると双極性障害になる可能性もあるため、きちんとした治療を受けることが大切です。

双極スペクトラム

双極性障害になる可能性が高い鬱病の患者さんのことを双極スペクトラムといいます。いわば予備軍の人です。

鬱病治療中で家族に双極性障害の人がいたり、抗うつ薬服用中に躁転(躁状態になる)したことがあるなどの場合、双極スペクトラムの可能性が高いといえます。

このような症状が見られる場合は抗うつ薬の投薬等注意する必要があります。

他の精神疾患と間違えられたり、合併症がある場合がある

双極性障害は統合失調症や境界性パーソナリティー障害等と症状が似ているため、非常に診断が難しく、間違えられることがあります。

また、統合失調症や境界性パーソナリティー障害をはじめ、不安障害・摂食障害(特に過食症)・アルコール依存症等の精神疾患を合併して発症している場合もあります。

精神疾患の診断や治療が難しいのは、単発で疾患を患っているのではなく、複数の精神疾患を患っている場合があるからです。

双極性障害の発症の原因

精神疾患の多くはストレスや環境の変化(ライフイベント)などが原因と言われています。

ストレスは身体的にも精神的にも大きなリスクとなります。ストレスの対処法を知ることは、治療を行っていくうえでも重要です。

また、気質や性格も誘発の原因になることがあります。几帳面で責任感が強かったり、社交的で活動的な人がなりやすいともいわれています。

生活リズムの乱れや環境の変化・抗うつ薬をきっかけに発症または症状の悪化をする場合もあります。

双極性障害の治療法

薬物療法と精神療法が治療法です。

まず、信頼できる医師を見つけ、何度も問診を繰り返すことでより適切な薬を処方してもらうことができます。

短いスパンで病院を変えるのではなく、長期的に通い都度症状を伝えることが重要です。

問診の際は家族など自身をよく知る人について行ってもらうと良いと思います。自身では疑問に思わなかったことや行動を客観的に伝えてもらうことが出来、それが結果最適な治療につながるからです。

精神療法にはカウンセリングや森田療法をはじめ様々なアプローチ方法があります。薬物療法と並行して自身にあう精神療法を見つけ、再発防止や症状改善に役立ててみてください。

日々の過ごし方

規則正しい生活を送り、体内時計を整えましょう。

そして、運動や食生活の改善などが治療に有効です。

参考図書: よくわかる双極性障害 貝谷久宣 主婦の友社

さいごに

双極性障害とは長きに渡って付き合っていく疾患です。

そのため、周囲の環境や、身近な人々との関係がとても大切になってきます。

使える制度を知り、利用しながら、あせらず前向きに治療を行っていきましょう。

※周囲の人たちの付き合い方(支援の仕方)や、制度については別の記事で書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

はじめに