おすすめの安眠グッズ

双極性障害に罹患している方には、神経が敏感な人が多いと思います。

私もそうですが、眠る際ちょっとした考え事や気になることがあったり、車が走る音がするとすぐに起きてしまったり、なかなか眠れないことも多々あります。

この記事では私が愛用する安眠グッズを紹介したいと思います。 少しでもみなさまの安眠にお役に立てますと幸いです。

①耳栓

光などは遮光カーテンなどを使えばどうにかなりますが、音はそうはいきません。

私自身、遮音カーテンを奮発して購入しましたが、効果はゼロでした。(カーテンはひらひらしている構造上、隙間ができるので意味がありませんでした。)

しかし、トラックの音や救急車の音などでいちいち目を覚ましていては寝が浅くなるため、耳栓をすることにしました。

横を向いて寝ても痛くなく、耳詰まり感もなく、寝相が悪くても外れないものを条件にようやく出会った耳栓は、アメリカ産のシリコン製のものでした。

アメリカのものですので、サイズは大き目ですが、粘土のように自在に形が変えられて、(推奨されていませんが)半分にちぎって使用することもできます。私の場合、耳穴が小さいため半分で十分です。耳穴を蓋するような形で耳にくっつけるだけなので、耳穴の中が痛くなったりすることもありません。

スポンジタイプの耳栓に比べると少し割高にはなりますが、数回繰り返し使えますし、衛生的に考えても安眠を確保するという観点からも私は愛用しています。

②音楽

α波が出るオルゴールタイプのCDを寝る30分前くらいからかけてリラックスしています。

元々無音で寝ていたのですが、無音だと無限に湧いてくる自身の思考が止まらず、次から次に気になることや考えてしまうことが出てきて眠れないことが多くありました。また、隣で寝ている夫の寝息が、眠れないことへの焦りに繋がっていました。

音楽を流しそちらに全て集中してしまうことで、気が付いたら寝てしまっていることが多くなりました。

自身がリラックスできる音楽なら何でもいいかと思いますが、α波が入っているCDはよりリラックス効果が高いというデータもあります。

寝る直前ではなく30分以上前というのもポイントで、睡眠に入る前から「これからリラックスしますよー」と身体に伝えることも大切です。

③間接照明とアロマ

私は、寝る30分前から、リラックスするために音楽CDに加え、アロマオイルを焚いた間接照明をつけています。

アロマオイルが垂らせるライトは光の具合を調整でき、ろうそくのように柔らかい光でゆらゆらと照らしてくれます。

また、詳しくは「睡眠障害を改善し、睡眠の質を上げるためにできること」に書いてありますが、ゼラニウム等リラックスできるアロマオイルをブレンドしてあげることで癒してくれます。

特に女性は生理周期で好みの香りが変わるので、その時の体調に合わせて、心地よい香りに調合して使用することをオススメします。

④まくら

以外に気にされることが少ないですが、枕は自身の頭の高さに合うものを選ぶべきだと思います。

近年睡眠外来などが流行っていますが、重ねたタオルでちょうどいいと感じる高さの枕を自作することで安眠することができ、そして頭痛や肩こりからも解放され、目覚めがスッキリします。

⑤ホットアイマスク

アイマスクは色々な種類があります。冷やすタイプもありますが、私は夏でもホットアイマスクを愛用しています。

理由は、冬はもちろん、夏も冷房の中で冷えた身体を温めることで「ほっ」とリラックス効果が得られるからです。

普段使いは充電式のアイマスクを使用しています。まつげエクステをしている関係で、目の中心部に穴が開いているタイプのものを使っています。

また、どうしても眠れなかったり癒されたいときには使い捨てのものを使います。蒸気が出て蒸らされることによるリラックス効果と、好みの香りに包まれることで、気が付くと寝付いています。

さいごに

安眠グッズの好みは人それぞれだと思います。

私はこれに加えて抱き枕を愛用しています。着心地が良いパジャマも良いと思います。

自身にとって良いと思ったものは貪欲に試してみて頂き、安眠生活の一助にして頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です